経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ストーリー の記事一覧

クラウドファンディングのメリットはブランディングにあり #1-1川のhotori用瀬(鳥取

クラウドファンディングは、インターネット時代における新たな資金調達手法として注目を集めている。しかし、クラウドファンディングのメリットは、資金調達だけにとどまらない。リリース前から共感を集め...続きを読む

宇宙工学の研究が、VR技術に活きた。#1

【スタートアップのブランド論対談<スペースリー森田博和>第1回】 近年、VR技術の発展が目覚しい。一般消費者にもVRデバイスが販売されたことにより、実際に体験された方も多くいるだろう。し...続きを読む

ストーリーを持つ酒を山梨から。覚悟を持って取り組み続ける。#3

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第3回<最終回> 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適...続きを読む

勝沼=ワインを目指す。やっていたことは、地域のブランディングだった。#2

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第2回 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適した丘陵地帯...続きを読む

地元の魅力って何だ。それを発信し続けたい。#1

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第1回 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適した丘陵地帯...続きを読む

ビットコインで遊ぶ人を増やす。 その先に世界一がある。

【Yenomのブランド論対談 第2回】 仮想通貨の世界で、初めてビットコインを使う人をターゲットにしたウォレットアプリを開発している会社がある。その名も、「Yenom(エノム)」。安心...続きを読む

既存のお金の仕組みを、ひっくり返す。ビットコインで、世界を遊ぶ。

【Yenomのブランド論対談 第1回】 仮想通貨の世界で、初めてビットコインを使う人をターゲットにしたウォレットアプリを開発している会社がある。その名も、「Yenom(エノム)」。安心...続きを読む

2018.07.06

新しい文化をつくる。それが、誰かを救う力になる。

【BRANDING PERSON 第3回】 テーブルクロス 城宝薫 BRANDINGに携わる人に焦点をあてる「BRANDING PERSON」。第3回目は、社会貢献できるグルメアプリ「...続きを読む

農家、酒蔵、酒販店。みんなが喜ぶために必要なこと。#3

【いにしえ酒店のブランド論】第3回<最終回> 東京・杉並区方南町の路地裏に、日本全国の古酒好きが集まる熟成日本酒を専門にしたお店がある。その名も、「いにしえ酒店」。2016年のオープン...続きを読む

旅をするのに、境遇なんて関係ない!

スタートアップのブランド論対談<SAGOJO新拓也>第3回〈最終回〉 友人たちとの温泉旅行や、海外での一人旅。家族旅行など、誰しもが旅をした経験はあるだろう。しかし、それをただの旅行で...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング