経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

コミュニケーション の記事一覧

2018.10.12

即実践!小さなブランディング #01 「企業の清掃活動」

当メディアではブランディングについての情報発信を行っていますが、「うちにはブランディングなんてできない」という声をいただくことがあります。様々な事情がありますが、その多くが資金的な要因にある...続きを読む

いつかハンバーガーを文化遺産に。#3

【バーガー研究家・白根智彦のバーガー・ビジョン 第3回】 今や「ハンバーガー」のお店は日本全国にあり、誰でも手軽に食べられる。ハンバーガーを食べたことのない人はごく少数だろう。そんな中...続きを読む

技術を突き詰めると、神様に祈る気持ちも、大きくなる。#3

【土田酒造のブランド論】第3回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

売れるものをつくるが、失敗する理由。

独自性なき限界の先にあるもの。 マネの先にあるバッドスパイラル。 2018.9.16の東洋経済オンラインに「ショッピングモールで服が売れない深刻問題」と題して、その要因を探る記事が...続きを読む

日本ブランド経営学会Salon#4 理念があることで会社はどう変わるか。

「日本ブランド経営学会Salon」の第4回目が、9月20日(木)の19時半から21時半に開催されました。(次回は10月18日です) 日本ブランド経営学会は、ただの学びの場所ではなく、現場で...続きを読む

1000円出しても、食べたいハンバーガーを広めたい。#2

【バーガー研究家・白根智彦のバーガー・ビジョン 第2回】 今や「ハンバーガー」のお店は日本全国にあり、誰でも手軽に食べられる。ハンバーガーを食べたことのない人はごく少数だろう。そんな中...続きを読む

最先端を突き詰めたら、一番伝統的なやり方になった。#2

【土田酒造のブランド論】第2回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

黄色い社長は、商売上、とてもいい。#1

【バーガー研究家・白根智彦のバーガー・ビジョン 第1回】 今や「ハンバーガー」のお店は日本全国にあり、誰でも手軽に食べられる。ハンバーガーを食べたことのない人はごく少数だろう。そんな中...続きを読む

常識破り。すべて生酛系の山廃酵母でつくる酒造り。#1

【土田酒造のブランド論】第1回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

デートに役立つほど、VRをあたりまえに。#3

【スタートアップのブランド論対談<スペースリー森田博和>第3回】 近年、VR技術の発展が目覚しい。一般消費者にもVRデバイスが販売されたことにより、実際に体験された方も多くいるだろう。...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング