経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

イベント・セミナー

日本ブランド経営学会Salon #39「アート×経営×ブランディング」

 

2021年5月19日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第39回が開催されました。

日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営を変えていくという志をもった学びの集まりです。なかでも活動を特徴づけるサロン活動には、「ブランディング」という共通の関心事をテーマに社会人が集まり、創発的な取り組みのきっかけの場にもなっています。

ライトニングトークとして、5分間の発表を3人の方が行ってくれました。まずは多ぁ望の名前でグラフィックレコーダー(イラストで会議内容を記録すること)を行っている近藤隆氏。なぜグラレコに熱中し始めたのか、また日本ブランド経営学会でもグラレコを毎回していますが、そのこだわりなど語ってくださいました。

次は中京大学経営学4年生、水谷恩漱氏。現在はノースダコダ州に交換留学中。アメリカから参加してくださいました。なぜここに留学したのか。留学先で何をしたのか、そして留学で学んだことを発表してくださいました。

 

3番めの登壇は、合同会社8代表、赤澤勝崇氏。SDGsファシリテーターとしてメディアへの出演も多数あります。地域づくりのための活動を、自治体、大学などと協業して行っています。どのようなしくみ、流れで行っているのか、などを発表してくださいました。

さて、次はメイン登壇。株式会社OVERALLs代表取締役、赤澤岳人氏。壁画アートを2年ほど前、情熱大陸にも出演され、数多くのメディアでも取り上げられています。もともと人材系企業で働いていた赤澤氏。並行してアート活動しており、いよいよ会社設立。インパクトのある画風は見る人の目を引きます。企業の歴史などを壁画で表現することも。しっかり丁寧なヒアリングから、それを1枚の絵にする表現力は度肝を抜かれます。

また原発の被害を受けた福島県双葉町で壁にアートを書き、地域活性の活動もされています。ここに至るまでの苦労や苦悩のプロセスを余すところなく紹介くださいました。

このあとは日本ブランド経営学会理事のチカイケ秀夫氏との対談。赤澤氏の掲げる「HOWからWOWへ」というテーマを掘り下げ、参加者の質問に答えていきました。2人の熱い対談が繰り広げました。

次回のサロンは6/16(木)19:30〜の開催となります。

その他のイベント・セミナー

日本ブランド経営学会Salon #38『日本ブランド経営学会 3周年記念イベント』パーパス

2021年4月21日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第38回が開催されました。 日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営を変えていくという志をもった学びの集...続きを読む

日本ブランド経営学会Salon #37『ブランドマネジメント入門』出版記念「ブランド経営っ

2021年3月17日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第37回が開催されました。 日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営を変えていくという志をもった学びの集...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング