経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

2021.06.14

マーケティングの種類|ブランディングとプロモーションの違い

ブランディングとプロモーション

ブランディングとプロモーション

マーケティング用語のなかには、混同されやすい言葉があります。「ブランディング」と「プロモーション」もそのなかの一つです。「それぞれの違いをハッキリ言えますか?」と聞いても、定義を答えられる人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、ブランディングとプロモーションの違いを、解説していきます。

プロモーションとは?

まずは「プロモーションとはなにか?」から解説していきます。プロモーションとは、「消費者の購買意欲をあおる活動」です。日本においては、販売促進の意味として使われます。販売促進の意味に関しては説明不要かと思いますが、自社の製品やサービスをより多くの顧客にアプローチするための宣伝、売上促進を目的とした戦略です。

ブランディングとは?

ブランディングとは、企業イメージやブランド力を高めるためのマーケティング戦略です。もともと牛を見分けるための刻印が語源の発端になっており、「区別」をするためのものでした。これをマーケティングに置き換えると「差別化」です。ブランド力を高めることで、商品やサービスの信頼や魅力が高まり、顧客から選ばれる企業になります。自社のファンが増え、価格競争に巻き込まれないことが、大きなメリットといえるでしょう。また、ブランディングにはさまざまな種類があり、自社の内側、つまり社員に対して行うインナーブランディングや、求職者に対して行う採用ブランディングなどもあります。

ブランディングとプロモーションの違い

では、ブランディングとプロモーションの違いを解説していきます。結論から言えば、どちらもマーケティングのなかの一つです。マーケティング手法の種類として「ブランディング」と「プロモーション」があります。ただし、行う施策や目的は異なるものです。

具体的な違いとしては、プロモーションは販売を促進するための活動です。たとえば、プロモーションの手法のなかには、広告・PR・セールスプロモ―ション・人的販売などがあります。これらの手法は、すべて商品やサービスの売り上げを良くすることが目的です。顧客が商品やサービスを購入するための一歩を一押しする施策と考えて良いでしょう。どちらかというと、プロモーションは、顧客に対して”直接的”にアピールする方法といえます。

ブラディングは、商品の株、イメージを上げることで他社との差別化を行い、ファンを作ります。ブランド・ビジョンに惹かれた「顧客」、つまりファンを作ることが究極の目的ともいえるでしょう。ブランディングは、「この企業の商品なら安心できる」というようなイメージを与える施策なので、プロモーションが”直接的”なのであれば、ブランディングは”間接的”といえます。当然ブランディングをすることで、結果的に売り上げは上がりますが、プロモーションと比べると、早期的に売り上げとして見えるものではありません。しかし、ファンがいることで「売れ続けるしくみ」を作り上げられるのです。

また、近年ではプロモーションはブランディングの一部であるという考え方もあります。自社のブランドイメージを企業側が明確にし、それに沿った方法でプロモーションを行うので、ブランディングの一部と言っても過言ではないでしょう。

ブランディングとプロモーションをよりわかりやすく

ブランディングとプロモーションのわかりやすい例として、1人の著名人を紹介します。実演販売士として有名になった『レジェンド松下』さんをご存知でしょうか。彼は実演販売士として、さまざまな商品を販売し、今では顔や名前を知らない人は少ないでしょう。過去の最高売上は、テレビ通販にて洗剤を2億円以上。また、その人気から、本人プロデュースのヒット商品も多く生み出しています。

では、『レジェンド松下』さんの例にプロモーションとブランディングの違いを解説すると、彼の行っている実演販売、これはプロモーションです。商品を実際に使って見せて、魅力を伝え、顧客の購入意欲を促進させています。

そして、『レジェンド松下』という彼自身は、ブランディングの成功例と言えるでしょう。今では「レジェンド松下さんのおすすめするものなら安心できる」という、ブランド力を持っています。そこから、本人プロデュースの商品も開発まで至ったのは、間違いなくレジェンド松下さんのブランド力です。これがブランディングです。

このように考えると、ブランディングとプロモーションが連動しているというのも、一つの考え方として間違ってはいませんが、決して同じものではないということもわかるでしょう。

ブランディングとプロモーションどちらもマーケティング

ブランディングとプロモーションは、別々の意味ですが、どちらもマーケティング手法の一つであることに変わりはありません。しかし、効果的に行うには、それぞれの目的や施策の違いを理解しておくことが重要です。違いを理解した上で、自社は今どちらを重視するべきか、どちらを優先して行うべきか検討してみましょう。

 

名城政也

 
名城 政也

SEO記事からオウンドメディア、脚本や台本、HP文章までweb媒体の記事を多く手掛けるwebライター。 多趣味で幅広い知識を基にさまざまな記事を執筆。